大人数の旅行を楽しむこつ

予定は「骨太」に、状況を見て変更できる柔軟性を

大人数での旅行はとても楽しいですよね。気の置けない仲間と、好きな場所へ行く。計画段階でとてもわくわくするものだと思います。しかし、その時注意するべき点は2点。ひとつは、計画をみんなできちんと立てること。全員参加というのは難しいかもしれませんが、希望や外せない場所などはきちんと自分の口で言い、話し合いに参加しましょう。後から文句を言うのは嫌われます。また、もうひとつは、相反することかもしれませんが、きっちり計画を立てすぎず、なにかハプニングが起きた時に臨機応変に対応できるように柔軟にものごとを考えておくことが重要です。

きちきちに詰め込みすぎず、フレキシブルな計画を立ててください。

負担は平等になるよう話し合いを

最初に誰かが宿泊費用などを立て替えたり、車を提供してくれたり、また車の運転などを担当してくれる人がいると思いますが、それかもし、グループの中で「当たり前」となってしまっていたら、要注意です。負担は目に見える形で分散して、きちんと金銭で支払い、また、車の運転など、男性や特定な特異な方が担当することが多いと思いますが、労をねぎらう、缶コーヒーの差し入れをするなど、形で感謝を示すと、今後も良好な関係を気付けるので、よいでしょう。

旅の最後には、打ち上げのような機会を設け、きちんと見える形で、割り勘の作業をするなどすると、旅を思い返すことができ、また、納得してお金を払えるのでいいのではないでしょうか。